上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見てきました、「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」。

久しぶりの2時間30分近くの上映時間という事で最初知った時はびっくりしましたが、途中で飽きる事無く見る事が出来ました!前作より面白かったデス。

そしてやっぱり音楽が映画と合っていて良かった!特にエンドロールで流れる挿入歌。(笑)
Switchfootの曲は、結局エンドロールでも本当にラスト部分でしたが、この間紹介したPVとは違うアレンジでじーんとしてしまいました。(涙)

後は注目の?カスピアン王子役、ベン・バーンズ。
 
…び、微妙。(汗)

我ながらやっぱり好きなタイプってあるのね、と納得。(誰でもファンになるわけじゃないって事デス!)

それにしても、一部(報道)ではベン様とか言われてますが…

誰にでも【様】を付ければいいってもんじゃないんだYO!

いい加減付けはやめようよ、、、。(汗)
ベン・バーンズ。彼は黙って立ってる方がカッコイイです。←ヒドい

決して動いてる姿がカッコ悪いと言ってるわけでは無く、戦ってる姿はもちろんカッコよかったし、動きもスムーズだし、馬に乗ってる姿もいいんです…いいんですよ?いいんですが、、、

表情が硬い。(汗)

※ここからネタバレになりますので、未見の方はご注意下さい。

それでも、スーザンを気にしてる時はしっかり目で語ってました。(笑)
第3章にも出演が決定しているので、今後に期待。次回作ではラブロマンスがありそうだし。(原作で出会いがあるから)

前作でも、お気に入りキャラは人間じゃなかったけれど(タムナスさん、Love)、今回もお気に入りキャラはリーピチープ!(ネズミ)
長靴を履いた猫みたいでカワイイ~☆ (カワイイと言われるのは嫌いだそうですが)

映画は概ね衣装も小道具もVFXも良かったのですが、、、一つだけズッコケたのが、テルマール軍との戦シーンで、ナルニア民が地下を馬で駆けていきながら柱を壊して地上を陥没させ、その後、ナルニア民が地上に出るシーン…

何デスか?あの仕掛けは?(汗)

いきなり地上から、芝生(草?)のくっ付いた地表がスパーンと形よく地下に降りてスロープになっちゃうアレ。

せっかくここまでしっかりVFXでやってきたのに、何だか急にセットが丸見え、みたいな。そこでいきなり地上への出口が現れる墓ってどんなのー!
映画館ではそこの場面で失笑おきてました。(汗)私も思わず、「ハ?今のコントのような仕掛けは何?!」と一瞬現実に引き戻されました。(苦笑)

後はやっぱりどうしても「LOTR」を彷彿とさせるシーンがある事。これはもう、同じファンタジー映画という事である程度仕方の無い事だと思うし、最初に作った方が勝ち、じゃないけれど、「LOTR」のインパクトが強かった分、後から作られた作品の中で似た場面があると、つい思い出してしまう。

「For Aslan!」には、つい「For Frodo!」を重ねて見てしまいました。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/80-2cdf293c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。