上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.21 Sin City
9月は日付詐称日記になっております。お許し下さい。(涙)


シン・シティ スタンダード・エディションシン・シティ スタンダード・エディション
(2006/06/23)
ブルース・ウィリス

商品詳細を見る


昨日、試写会で話題のアメコミ映画「Sin City」を見て来ました。
本国で公開されてから随分経ち、今年中に日本公開されないんじゃないかと思った時もありましたが、何とか(?)間に合いましたね。

ズバリ、待たされた甲斐があった映画でした。

オープニングのジョシュ(ハートネット)がキザ!でも似合ってる!(笑)
オープニングから、タイトルの「Sin City」になるまでの映像で、これから始まる本編への期待が高まる仕上がりになっていたと思います。
モノクロだから挿し色がすごく映えるし、あのオープニングを見て原作者のフランク・ミラーが映画化OKサインを出したのも頷けるほどクールに決まってました。
R-15だけあって、本編は結構グロいです。モノクロだから耐えられる人はいると思いますが、ダメな人はダメでしょう。(私も一部気持ち悪くなったところが、、、)

ダークな映画だと思ってたんですが、結構笑っちゃいました。コメディ?(笑)フランク・ミラーが制作に参加しているので、あれでOKって事はそれでいいんでしょうね。多分。
ミッキー・ロークとクライヴ・オーウェンがオイシイ役どころでした。でも一番はミッキー・ローク。

昔は(あの顔が)好きじゃなかったんですが、年取って良くなりましたね。特殊メイクで「醜い容姿」っていうのが昔を知っている分笑っちゃいますけど(笑)、やっぱり演技は巧いです。

クライブ・オーウェンはカッコイイんだか情ないんだか分からない役柄で。(笑)デヴォン青木は台詞一切ナシ!手裏剣が卍なのがウケました。(なんで?(笑))
イライジャ(ウッド)は出番も台詞も少ないながら(もっと少ないのはジョシュ。でもオープニングとエンドだからオイシイとこ取りかも)、イメージをガラっと変えて挑んでました。あの大きく綺麗な目を見せない事が効果的だったと思います。あんな目であんな事しても本当だと思えないし。(笑)Epが所々かぶっているので、ちょくちょく出てる事は出てるんですけどね。

ブリタニー・マーフィーとジェシカ・アルバは、ファンの方すいません。(汗)何演ってもやっぱりブリタニーとジェシカって感じで…。

ベニチオ(デル・トロ)はかわいそうに。それが面白いんだけど。(笑)

「シン・シティ」はアメコミ映画ですが、今まで公開されたアメコミ映画とは一線を画した作品だと思います。映画は映画なんですが、実写に近づけようとする映画ではなく、劇画に近いというか、元がアメコミなんだからそのまんまでいいじゃないか、といった感じ。(ワケ分かりませんね)

一見の価値はある映画だと思います。私は好きです、こういう映像。久しぶりに「刺激」されました。(笑)もう一回見てもいいかも。

※ここからはネタバレです。未見の方は要注意。
ジョシュの白衣姿、カッコ良かったです。次は是非ドクター役でお願いします。(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/56-8be2072e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。