上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.26 Be Cool
ビー・クールビー・クール
(2007/12/19)
ジョン・トラボルタ

商品詳細を見る


夏のイベントその4。
ジョン・トラボルタ出演「ビー・クール」を見てきました。
この作品、原作があの!エルモア・レナードだったので、気になって応募してみたんですが、この映画って同じくエルモア・レナード原作の「ゲット・ショーティ」の続編だったんですね!

見終わってから気づきました。orz
と言っても「ゲット・ショーティ」自体未見なので、映画見ても分からなかったハズ。でも知ってたら、見に行く前に借りて見たのになぁ、、、。そうしたらまた違った見方が出来たかもしれない。(今更ですが)今度借りてこよ。

エルモア・レナードを簡単に説明しますと、私がスキート(ウーリッチ)ファンになった「Touch タッチ」、「ジャッキー・ブラウン」、「アウト・オブ・サイト」など数々の映画の原作者、小説家です。

原作は「Touch」しか読んでいないのでコレ!とは言いづらいのですが、何と言うか…ちょっと変わった文体です。

さて、映画はどうだったかというと、なかなか面白かったです。どこまで原作通りなのか分かりませんが、登場人物のヘン具合がエルモア・レナード風だな、という感じ。(「Touch」のクリストファー・ウォーケンのように)

※以下ネタバレ入ります。
ザ・ロックもヘンだし(裸踊り?してますぷ)、ビンス・ボーンのアフリカ系アメリカ人の真似(笑い方)はかなり可笑しい。(笑)最後はPVで燃えてるし。

劇中でユマが着ている服が素敵でした~ ああ、あんな服着こなしてみたいわ。←無理

ジョン・トラボルタの目の前でジェームズ・ウッズが撃たれて死んでも、全然驚いてなかったのが腑に落ちなかったんですが、この辺りの経緯は「ゲット・ショーティ」を見たら分かるのかしら?かなり冷たい人間なのかと思いましたよ。知り合い(設定)なのに。

出演者は結構豪華で、他にハーベイ・カイテル、ダニー・デビート、本人役でスティーブン・タイラーも出てました。

これから見る方に一つアドバイス。エンドロールが流れても席を立ってはいけません。出演者のダンス(?)が見られますよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/41-c5448ce0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。