上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.23 Season4 part2
次の日は11時から上映開始という事で10時に船堀健康ランドを出発。
昨夜(っても早朝ですが)バスで移動していた時から嫌な予感があったんですよね、、、夜中は車の数が少なくても、朝は増えるって事。

10時。日曜日。お台場に向かうバス、、、渋滞にハマる。(汗)予感的中です。上映開始時間までに到着が間に合わず、結局上映時間を遅らせて開始。(シアター毎の上映なので、大江戸温泉組は恐らく時間通りに始まったんでしょうね。)

前半も上映中、音が出ないなどのトラブルがありましたが、そういう時はどう対処するかと言うと…休憩時間が削られるんです。
上映開始が遅れた為、昼食時間として取ってあった休憩が10分くらい削られました。トイレ、食事、買出しに行っていると休憩時間なんてあっという間。

この耐久試写会で一番体感した事は、ジャック同様時間との戦い。
各話上映は、決められた時間になったら容赦なく始まるので(全員揃ってなくても)、「あ、次の休憩でトイレ行っとかなきゃ!」とか、「ここ(休憩)で買出しに行くか」とか、限りある(笑)休憩時間をいかに有効に使うかって事に一番頭使いました。だからか、この試写会に参加してる人達は顔が違うんですよね。トイレで会うと、皆必死です。(笑)

さすがに最後は疲れましたが、楽しんできました。
耐久試写会に参加して一番嬉しかった事は、もちろんSeason4を一足早く見られた事もありますが、それ以上に大画面で、大音量で「24」が見られた事。アクションシーンは迫力がありますし、俳優の毛穴まで(笑)じゃないですけど、アップになるとTV画面では見られないようなところまで見られて、やっぱり大画面はいいな~と思いました。
(ちなみに上映したのはDVDですので、画質は変わらないですよ。)

何より見初めて一番最初に思ったのが、「キーファーの顔がこんなに大きく!(映ってる)やっぱカッコいいわ~」でした。(笑)

肝心のSeason4の感想ですが、Season1のように誰が内通者か分からないといったスリルは無く、善人、悪人が最初から割とハッキリしているので、登場人物に対する疑心暗鬼はありませんでしたが、逆に登場人物の意外な行動、出番に驚く事が多々あり、何と言うかSeason1から今まで見続けているファンに対する制作陣の気持ちが感じられるキャスティングでした。

犯人の顔が最初から分かるストーリーですが、次々と起こる展開は相変わらずで、Season1に凌ぐノンストップ、スピード感があったと思います。

※ここから少しネタバレ入ります。ご注意下さい。
最初はまた誘拐かよ!と思いましたが。(苦笑)そして、またCTUに内通者が入ってくるんですよね。笠井アナウンサーも言ってましたが、一番厳しいハズのCTUが、一番警備甘いんじゃないの?(笑)

私の一番のオススメは19話です。シアター内、拍手喝采が起きてました。(あ、もちろん笑いも(笑))大勢で見て楽しかった事は、盛り上がるところが大体一緒なんですよね。参加された方は殆どSeason1から見てきている方達なので(Season4が初めてという方も数名いましたが)、ジャック@キーファーがどういう事をするか大体見当がつく。

ガソリンスタンド強盗をした時は多分皆さん、「ああ、やっちゃったよ」と思ってたと思います。そんな含み笑いが聞えましたから。(笑)トニー登場シーンで拍手が起きた時は、一体感を感じましたし。

今回も大物テロリスト役には、「ハムナプトラ」のイムホテップ役で有名なアーノルド・ヴォスルを起用してました。顔の印象が強いので、すぐ分かると思います。

続きは、会場で配られた販促品などについて。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/39-66422bc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。