上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.19 Land of the Dead
ランド・オブ・ザ・デッドランド・オブ・ザ・デッド
(2006/09/21)
サイモン・ベイカー

商品詳細を見る


夏のイベントその2。
ジョージ・A・ロメロ作品「ランド・オブ・ザ・デッド」を試写会で見てきました。これまたダブって当たったので、お譲りしようか、前回嫌な思いをしたのでオークションに出そうか迷ってるうちに日付が迫っちゃって、結局HPでプレゼント告知しましたが誰も応募者いませんでしたね。。。 

こういう映画は、やっぱり皆さん嫌なんでしょうかね。(苦笑)
私も昔「13日の金曜日」とか絶対見られなくて(今でも見る気しませんが)ホラーは苦手なんですが、ゾンビ系は何故か平気で<フィクションだって割り切れるからか>怖いもの見たさで見ちゃう。

「28 Days Later」(28日後...)は面白かったですよ~。(恐いけど)そういえばこの作品に出てたキリアン・マーフィーは「バットマン・ビギンズ」の彼だったんですね。髪の毛無かったから(28日後では)全然分かりませんでした。

えー、さて本題の「ランド・オブ・ザ・デッド」ですが、この作品はゾンビの第一人者(?)の監督でもあるし、出演者も気になったので見に行ってきたわけですが、上映前、カップルの女性が「え~こんなの見たら夜中トイレに行かれなくなっちゃう~」と話してるのが聞えました。

…全然怖くないんですけど。

もちろんグロイ場面もありましたが、場面は暗いし、そういう場面をハッキリ見せず敢えて影で表現してみたり、といった方法を取っていたので、思ったより平気でした。明らかに作り物って感じが残ってますし。(いい意味で(笑))
そして、実はジョン・レグイザモが結構好きな私。出番が少ないかと思ったら案外出ていて、いい感じでした。さすがレグイザモ、タダでは起きないゼ。(意味深)

他の出演者は、デニス・ホッパー、サイモン・ベイカー等。デニス・ホッパーは相変わらず自分の役所を弁えてらっしゃいます。ピッタリでした。(笑)

映画の感想としては、怖くは無かったけれどストーリー性があって面白かったです。同じくホラー物として「ドーン・オブ・ザ・デッド」も見た事ありますが、これに比べれば遥かに面白いです。「ドーン~」はハッキリ言ってつまらなかった。

※ここから少しネタバレ入ります。未見の方は要注意。
ゾンビのボス(?)がいるのですが、メイクからしてゾンビの中でも一番マトモ(ゾンビっぽくない)。頭いいし。(笑)主要ゾンビは結局最後まで生き残ってるのがナイスです。
そして、花火を見て口ポカーンなゾンビに一人受けてしまいました。(笑)
ゾンビも進化して、感情もあるところが新しいゾンビ像じゃないでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/36-11414dd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。