上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.11 4 years
今日から期待の海外ドラマ、「Empire(エンパイア)」の放送がFOXで始まるので、それを見て過ごそうと思っていたけれど、そんな気分にもなれず、やっぱり今日のこの日は、あの日を思い出すようにしようと、これを書いています。

4年前の3月11日。

仕事中に二度の大きな揺れを感じ、同じフロアにいた全員で外に出た後、就業時間を待たずに帰宅せよとの達しがあり、電車が止まっているとの情報があったので、近くの同僚を送り、車で帰宅。

大きな揺れの割りには、周りの看板も電柱も家も壊れた様子が無く、家では食器でも割れてるだろうか、と思ったけれど一つも落ちてなくて、何の気無しに付けたテレビで、東北に襲いかかる津波の映像を見た。

畑をもの凄いスピードで飲み込んでいく波と、畑を横切る道路を走っている車。

声なんて届くわけないのに、早く、もっとスピード上げて走って!そう祈りながら、波に飲み込まれる瞬間を、テレビを通してただ見ているだけしか出来なかった。

その日の夜は、自宅が自衛隊基地の近くという事もあり、今まで経験した事が無いくらいの連続した飛行機音が鳴り響いてたのと、テレビで見た映像が焼きついて眠れなかった。

映画でしか見た事が無いような映像が、テレビから映し出されていた。これは映画じゃない、現実なんだと。

実際に津波や原発の被害に遭っていない私でも、気分は暗かった。

計画停電になり、全く先の見えない状況で、希望なんて見えなかった。

あの日から4年。

震災が起こる前と変わらない生活に戻ってはいるけれど、着実に私の中の何かが変わった。

以前から、その時を精一杯、後悔しないように生きようとは思っていたけれど、その思いは一層強くなった。

また、祖国が日本である私達は、例えどんなに放射能が危険だと分かっていても、どこにも逃げる事が出来ないけれど、母国で無い人達がリスクを冒してまで日本で暮らし、また日本に来てくれて、日本が好きだと言ってくれる人達の存在が有難いと思うようになった。

私達が色んな国の人達から受けた支援(物だけじゃなく、言葉や行動も)を、誰かがどこかで、少しでも返していけたら、そう思って私なりにやってきた4年でもあります。

沢山の方があの日、したい事、言いたい事が言えないまま、亡くなってしまった事を考えたら、少し無理してでも、今しか出来ない事、伝えるべき事を伝えた方がいいと思いませんか?

なかなか難しいけれど、今ある事に感謝して、生きていけたらと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/335-09cffe02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。