上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.18 違い
随分前に、ツイッター上で、ファンとして接していた相手と友達になった人の話を聞いた事があった。

その時は全く縁の無い話だと思っていたので、そうなんですかーなんて他人事のように聞いていたけれど、実際そういう世界の人(私の場合、ファンじゃなかったけど・苦笑)と友人になって、その人がその時言っていた事が少し理解出来た。

まず、友達になる前はファンでは無くても、ショーに出ていたプログラムや写真にサイン貰ったし、その時は欲しいと思った。

でも友達になっちゃっうと、「サインを貰う」という気が無くなった。というか、サインを貰う事に違和感を覚えるようになってしまった。(苦笑)

だって、他の友達にサイン貰う事なんて無いし(苦笑)、仮にその友達が舞台に立ったからといって、サインを欲しいとは思わない。
でも、もし友達の誰かが初めてCDを制作して販売したら買うし、記念にCDにサインは欲しいと思う。
ファースト・アルバムはその友達にとっても大切だと思うから、一緒にお祝いしたいし、売上げ貢献も兼ねて。(笑)

それ以外で、例えば他のショーに出て見に行ったからといって、そのパンフやチケットに友達のサインを欲しいとは思わない。何故か?と問われても、理由はハッキリとは分からない。ただ、欲しいという気持ちが全く無くなったとしか答えられない。
いわゆるサインって、コレクションの一部だと思う。

でも、友達はコレクションじゃない。

多分、気持ちの変化というか、違いはそこなんだと思う。

沢山のファンに囲まれてサインをしている姿を見ている方が嬉しいし、もっとファンが増えて欲しいと思う。名前が売れればいいと願ってる。

ツイッターで聞いた、「友達になると裏方になっちゃうんですよ。(苦笑)」

という一言が今はよく分かる。

何とかして友達を売ろうと(苦笑)、方々でアピールしてみたり、周りにファンの人がいたら、私、撮影係やります!あ、サイン?欲しいですよね?(世話好きのオバサンみたいだな・苦笑)みたいな。

これがもし私がファンの立場だったら、周りに沢山ファンがいたらゆっくり話せないから、人が少ない方がいいなーとか完全に自分目線になるけれど、友達の立場だと、逆にファンは沢山いたほうがいい!と思う。そこでファンより自分を優先して欲しいと思うようだったら、友達とは言えない。
エンターテイメントの世界で生きていくには、ファンがどれだけ大事か分かるから、友達である自分よりファンを優先するのは当然だし、そうしてもらわないと困るわけです。(苦笑)
もしそこで、ファンを無視したら逆に友達としてファンサービスしなさい、と私なら怒ります。あーた何様ですか。ファンがいるから生きていかれるんでしょうよ、と。(苦笑)

もしかしたら、ファンの立場より友達になりたい!と思ってる人は沢山いるかもしれない。
私が一つ言えるのは、大ファンの人とは絶対に友達にならない方がいい。
私は絶対になりたくない。(なれないと思うけど・苦笑) ファンなら大事にして貰えるし、いつまでもファンとしてトキメキ(死語)を失わないでいられる。
何で友達だとトキメかなくなるのか?目の前にしただけでトキメいてたら一緒に食事出来ないし、ロクに会話も出来ないと思う。第一その状態は友達とは言えない。(苦笑)それにファンの方が沢山良い事がある。

友達だと扱いはぞんざいになってくるし、喧嘩はするし、テキトーだし、嫌なとこも見えてくる。(苦笑)

結局友達になれたのは、私がファンじゃなかったから、すんなり気持ちの切り替えが出来たからなのかも。

もちろん、ファンの立場とはまた違った、友達故の喜びはあるけれど、公に出来ない事は誰とも共有が出来ないので、ファン同士、皆でキャーキャー言える方が楽しいだろうな~と羨ましく思う時はある。

友達の立場もなかなか大変です。(苦笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/333-c78cda9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。