上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
How do you measure a year?

あなたは1年を何で測りますか?


私は…書いたハガキの数、赤坂まで通った距離、それとも「RENT」を見た回数だろうか。


2009年は私にとって、本当に会いたい人に会えた年でした。

クリス・パインにも会えたし、サム・ワーシントンにも会えた。

そして、何より「RENT」ブロードウェイ・ツアーのキャスト達に会えた。

しかも、映画や映像でしか見られないと思っていたオリジナル・ブロードウェイ・キャスト(以下OBC)3人のパフォーマンスと、幻のOBC(と私は思っている)、マイケル・マックエルロイ(以下MMc)を日本で見られた事は、本当に幸運だったと思う。


1ヶ月に及ぶ日本での「RENT」公演で、キャスト達が日本を楽しんでくれただろう事は、キャスト達のコメント、スタッフから聞いた話で何となく想像は出来ていたけれど、それでも日本人ファンに対してのリップサービスも少なからずあるんじゃないか、という思いが多少なりともあったのですが、ツアー・キャストの一人、アンディ・セニョールJr(以下ASJr.)が自分のブログにupしてくれたビデオを見て、本当に日本が良かったと思ってくれているんだ、という事が映像から伝わってきて…泣きました。(苦笑)

普段は(?)あまり見られないハネーファ・ウッドやMMc、ジャッカス・C.スミスのメッセージがあったのが個人的に嬉しくて、ニコレット・ハート(以下NH)のメッセージには涙。

とかく日本人は、(showを見る時)静か過ぎると言われがちだけれど、それでも文化の違う私達日本人が、「RENT」の作者であるジョナサン・ラーソンの遺したメッセージをきちんと受け止めている事を、キャスト達はちゃんと分かってくれていた事がNHのメッセージから分かって、嬉しかったです。(涙)

また、今回のブロードウェイ・ツアーのキャストでの「RENT」が最高だったと思っている私にとっては、思い出すだけでも涙が出るくらい感動的だった日本の千秋楽での、彼らの「Seasons of Love」の映像が収録されていてまた感激。(感涙)

「RENT」が終わっても、このビデオがあれば生きていける。

大げさだけれど、本当にそう思えました。


ASJr.からだけでなく、「RENT」キャスト達、友人から、本当に素敵なクリスマス プレゼントを貰ったと思います。(Sさん、クリスマス カードありがとう!)

キリスト教徒では無いけれど、今年は皆に感謝を込めて言いたいと思います。

Merry Christmas and Happy Holidays!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/317-1ed4232f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。