上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回続き


多分、あの場にいた「レント」ファン(レントヘッド)は皆同じ思いだったと思います。
暫く拍手が鳴り止まず、アンソニー・ラップ(以下AR)がちょっと戸惑い気味な表情になった頃、急いで席に座る客(日本人)。(苦笑)

これが日本人だよな~と思いつつ、マーク@アンソニーの語りから始まりました。

今まで映画館でどんな映画を見ていても、舞台を見ていても、見ている最中、何度か姿勢を変える事は当たり前で、そういった時に我に返る瞬間があったんですが、今回の「レント」は始まった途端、完全に周りの空間毎舞台へ引き込まれて、微動だにせず見ていました。

ずっと同じ姿勢で固まって(苦笑)見ていたので、後で肩や首が痛くなりましたが、キャスト全員の一挙手一投足を見逃したくないという思いからかなり必死になって見ていたし、こんなに集中して舞台を見た(見られた)のは初めてでした。

1幕が終わった後、直ぐに「毎日見たい!」と思いました。
2007年の来日公演ではそこまでは思わなかったのに、やっぱり本場ブロードウェイの舞台に立ってきた人達だけあって、演技、歌、ダンス全てのクオリティが高い。
後で生活に困らなければ、本当に毎日通いたい。それが無理なので、ブレイクスルーで何とか!と思って数回チャレンジしていますが、未だに当たらず。(涙)

ああ、こうしてレントヘッズになってゆくのね、と身をもって体感しています。(笑)

「レント」は、一度見ると癖になるというか、何度見ても飽きない、その上もっと見たくなるという、他のブロードウェイ・ミュージカルには無い魅力のある作品だと思います。

恐らく、ストーリーの根本にある「生と死」が不変的なものだからか、いつの時代でも、見ている人達の心に何かしら届くものがあるのかもしれません。

私は映画版「レント」から「レント」の世界に入りましたが、まさかその時は自分がここまで「レント」にハマるとは思っていませんでした。(苦笑)

「レント」の舞台を(生で)初めて見たのは、(確か)2007年の来日公演でした。
今回を含め、たった2回しか見ていないにも関わらず、今回のブロードウェイ・ツアーと2007年の公演とでは、圧倒的に質が違いました。
2007年来日公演のロジャー(役の方)は、まだ経験が浅い(場数を踏んでない)からか、自分からリードするというより、他のキャストに付いていくという感じで、ひたすらミミ(相手役)に押されっぱなし感が。(シチュエーション的にはありですけど・苦笑)

マーク役含め、その他のキャストは特に違和感は感じなかったのですが(演技は別にして、雰囲気とか)、ロジャーはちょっと弱々しい感じを受けました。

OBCである、AR、アダム・パスカル(以下AP)の演技は映画版「レント」で初めて見て、その後ブロードウェイで演じていた頃の映像などをYouTube等で見ていましたが、目の前で実際に演じる彼らを見ると、映画とも、録画された映像とも違う迫力と、圧倒的な存在感。
この二人だからこそのマークとロジャーであり、彼らが演じてきたマークとロジャーがオリジナル(作者のジョナサン・ラーソンが求めていたもの)なんだ、とハッキリ見せ付けられたというか、改めてそう感じました。

ロジャーを演じるAPは、彼自身ミュージシャンとして音楽活動をし、また舞台での経験も積んでいるので場慣れしているし、堂々としていて声の伸び、声量もスゴイ。

2007年に見た時は2階席で、今回は1階席の割と舞台から近い(スピーカーにかなり近い)席だったのもあるとは思いますが、それでもAPの声量は半端無かったです。
この舞台の為に練習して…というより、やっぱり普段から歌っているだけあって、声のハリが全然違いました。

というのも、途中マイク トラブルがあり、彼のヘッドマイクだけ音が拾えなくなったのですが、その間も途切れる事無く歌うAP。
マイクを通さない彼の生歌声が聞けてラッキー☆(笑)だったけれど、マイク無しでも十分通る声量に改めて感動。
袖に下がるまでハンドマイクでそのまま演技を続けていたのですが、マイクを腰の位置に持っていても十分拾える声でした。スゴ過ぎ。

こういったハプニングが起こって目撃?出来るのも、生(?)だからこそ。

ハプニングと言えば、彼の最初のソロである「One Song Glory」の伴奏キーがちょっと(いや、かなり・汗)合っていなかったにも関わらず、伴奏に惑わされず歌い上げ、さすが初演から歌い続けてきただけあるわ、と思いました。
最後まで伴奏のキーが合っていなかったので、むしろ伴奏無くても良いんじゃ?(え)

続く
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/307-262f680b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。