上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤坂ACTシアター(初日では無く、別日に撮ったもの)


今この時を生きるだけ。

「レント」オリジナル・ブロードウェイ ツアー、初日に行ってきました。
(もう1週間も経ってしまいましたが・汗)

「レント」の台詞にある、「No Day But Today」。

あの日、あの時、あの場所で。

まさにあの瞬間を見るために生きてきた、大げさでは無く、本当にそう感じた時間でした。


オリジナル・ブロードウェイ・キャスト(OBC)が出演する、最初で最後の「レント」ブロードウェイ ツアー来日公演が開幕するというのに、あの日は夕方になるにつれ雨が酷くなり、雷も鳴るという有り得ない天気。

19時開演だったので、仕事が終わってから会場へ向かうも、豪雨と雷で電車が遅れて、間に合わないんじゃないかと本当に焦りました。(この雨には、帰りまで色々な意味で悩まされましたが・苦笑)

何とか間に合って、私と同じようにこの日を楽しみにしていたお友達と合流。この時点で赤坂はまだ雨は降っていなかったけれど、食事している間に豪雨に(゚д゚

会場まで数分歩いただけでビショ濡れ。しかも会場入り口が大混雑!
入り口には屋根が殆ど無い上、会場に入る前に傘を閉じなければいけない&チケットを確認するまでに時間が掛かるので、さらにビショ濡れ。

初日でテンションが上がるどころか、この時点で既にダウン気味。(汗)ところが、さらにテンションを下げる出来事が(´ρ`)

ツアーでは大体毎回オリジナル・グッズを販売していて、今回も事前にオフィシャル・サイトで商品を掲載していたので、買いに行こうと思ったら…グッズ売り場がスゴイ事に!

売り場にはスタッフの女性が3人(多分)いたのですが、購入する為の列がきちんと作られていないので、前の人が買い終わったら四方八方から購入したい人が前に出ようと必死。

その度に、「押さないで下さい!」とアナウンスしても、そもそも列も出来ていないし、柵も無いので、購入した人が帰る(下がる)隙間も無い状態。雑踏の上、入り乱れてそこだけ人口密度倍増。

グッズは数量限定と初めから書いてあったので、何とか開演前に購入したいと並んだけれど、いつまで経っても順番は来ないし、ここだけサウナの様な湿度。(人と人との隙間が無いから・汗)
開演5分前くらいに諦めて出ました。(汗)

オフィシャル・ブックは、お友達が別列(ブック専用列)に並んで購入してくれたので、何とか手にする事が出来ましたが…劇場の係員があちこちに待機しているにも関わらず、グッズ売り場のスタッフが3人だけ、人を整理するスタッフがいない事に呆れました。

ただ立ってるだけの係員ならいらないんだYO!(怒)
ヘロヘロになりながら席に向かう途中、1階席の一番後ろの床に、「立ち見1(A?)」「立ち見2」と書かれたテープが貼ってありました。
当初立ち見の販売アナウンスは無かったハズなんですが、初日だし、立ち見でも見たいよね…と思っていたら、それから毎回立ち見を販売しているようです。しかも2列目まで(゚д゚ 
初日は1列目までだったのに…(汗)

開演前までに席にはついたのの、来日公演すると知った時からチケットを取り、今日が来るのをずっと楽しみにしていたのに、大雨&グッズ売り場の混雑に振り回され、テンションが上がらないまま始まった「レント」。

主役のロジャーを演じるアダム・パスカル(以下AP)が登場した途端、スタンディングオベーション。

テンションが下がっていたので、思わず「も、もう?」と焦りつつ慌てて立ち上がる。(苦笑)

その後、もう一人の主役(私にとって「レント」は、マークとロジャーのダブル主演だと思っているので)マーク演じるアンソニー・ラップ(以下AR)が登場すると、会場はさらにヒートアップ!

私もこの二人が揃った瞬間、さっきまでの憂鬱な気分は一気に吹っ飛んで、テンションMAX!

「レント」が終演した時、もう見られる事は無いと思っていたOBCのマーク@アンソニーとロジャー@アダムが二人揃って舞台に、目の前に立ってるなんて!(感涙)

続く(苦笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/306-467ca2f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。