上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンブルビー

オプティマス・プライム、バージョンアップ!

ついに見てきました、「トランスフォーマー リベンジ」IMAX ver。

川崎のIMAXシアターに行ったのですが、品川にあったIMAXシアターより小さく感じました。シネコン一体型だから?(汗)

スクリーンのカーブ(曲がり)も少なかったし、座席も通常の映画館と変わらない勾配。(品川はかなり急勾配だった記憶が)

品川のIMAXシアターは、本当にスクリーンに包まれる(?)という感覚だったので、それをイメージして行ったら確かにスクリーンは大きいけれど、映像的には通常の映画館とあまり変わらない感じにちょっと拍子抜け。

ただ、これぞIMAX!と思ったのはやっぱり音(音響)でしょうか。
この、底から響く感じ。これは通常の映画館では体感出来ないと思いました。
音響で床、揺れてましたもん。(笑)

映画が始まる前、いわゆるTHXのような音響テスト?が流れたのですが、その音でイスから飛び上がりました。マジです。(苦笑)

そして、そのテストを見て改めて思ったのが、「スター・トレック」のIMAX版を見たいという事。

「トランスフォーマー リベンジ」公開に合わせてIMAXデジタルシアターがOPENすると知った時から、「スター・トレック」もIMAX版で上映して欲しいとずっと思っていました。

本国ではIMAXで公開されている(た?)し、ああいう映画(宇宙空間とか)こそIMAXで上映した方が、より映像効果が現れると思うんですよね。

「トランスフォーマー」と同じ配給会社ですし、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の上映が終わったら

「スター・トレック」IMAX版の上映をお願いします!!>パラマウント ジャパン様

結構需要はあると思いますよ~ 公開されたら、また川崎に見に行っちゃいます☆←何回目?


で、「トランスフォーマー リベンジ」の感想ですが…

予想していたより遥かに面白かったです!!
上映時間が2時間半もあるし、途中でダレるんじゃないかと思っていたのですが…とんでもないです。

最初から最後までノンストップ(トランスフォーム)!!

前作を見た時も思いましたが、これは男の子、というよりロボット好きにはたまらない映画ですね。

私の性別はいちおう(?)女ですが、幼少期に見ていたTVはヒロイン系の変身物では無く、ヒーロー系の変身物(ガッチャマンとか。歳バレる?・汗)をもっぱら見ていたので、(前作)「トランスフォーマー」を見た時の興奮は、まさに童心に返ったというか、子供心を擽られた感じで、とにかく「凄ッ!」しか声にならなかったです。

昔アニメでしか見られなかった映像が、VFXの力を借りてでも、こうして大画面で、リアルに見られる事に感動しました。

今作は前作以上に変形ロボットが沢山出てくるので、ロボット好きにはウハウハ。(笑)

あまりにいっぱいいすぎて、どれが敵か味方かよく分からない時もありましたが(汗)、それでも変形シーンではやっぱり「凄ッ!」としか言いようが無いです。

ストーリーもしっかりしていて、時間は気になりませんでした。それに比べたら「オーストラリア」は(以下略)

まさかロボットに泣かされる日が来るなんて。(涙)
例えロボットでもターミネーターでも、自己犠牲に弱いんです。(号泣)

一番好きなのはバンブルビーですが、今回はコルベット スティングレイもカッコ良かったな…
これだけ素晴らしいセンスの車が沢山あるんですから、GMには是非がんばって欲しいです。(涙)

コルベット スティングレイ


今回、トランスフォームもパワーアップしてますが、主人公サムの成長が著しいです。
彼女が出来て自信が出たのか(笑)、演じるシャイア・ラブーフ自身が俳優としての成長した自信の表れか、前作では頼りなかったサムが逞しくなってカッコ良かったです。

ミカエラ@ミーガン・フォックスも恋する女の子の感じが出ていて可愛かったな~

前作以上に笑いどころも沢山あって、本当に楽しい映画でした。膝叩いて笑っちゃったし。(笑)

※ここからはネタバレになりますので、未見の方はご注意下さい。

ただ、変形ロボットが卵?袋?状のような物から生まれるという設定、サムの口の中に小さいロボットを入れるシーンは映画「マトリックス」のようだったし、アリスがロボットだったのには、それこそターミネーターじゃん!と突っ込みたくなりました。

これをわざと、それぞれの映画へのオマージュとして入れてたとしたら凄いですが。(苦笑)

ワールド プレミアを日本でやってくれた事、世界最初の公開に日本を選んでくれてありがとう!>パラマウント様

なんてったって日本生まれの玩具だもんね!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/298-c49f1625
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。