上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.23 24: Redemption
拍手コメントを書いて頂いた方には、拍手して頂いた記事のコメントにて、いちおう匿名で返信を入れていますので、心当たりのある方は時々コメント欄をお読みになってみて下さい。


以前、ジェームズ・マカヴォイ(以下JMc)出演映画「Becoming Jane」の公開予定が、当初公開予定の2008年秋から2009年正月(もう過ぎてるけど・汗)になったとブログに書きましたが…

今度は2009年10月公開予定に変わりました。(Q_Q)↓泣 遅すぎ!

これも予定なのでどうなるか分かりませんが…公開されるだけでも良しとしなきゃ?

…もうこうなったら、JMcを今年も呼んで下さいYO!!>ワイズポリシー様

あ、そういえば「スター・トレック」はパラ山でした。>K★さん

「フロストXニクソン」も見終わったし、私の次の注目作は「スタトレ」です。(そんなわけでTOP画もクリス・パイン@船長 ※JMに似てるけど、JMじゃないですよ!)



24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]
(2009/03/19)
キーファー・サザーランド

商品詳細を見る


今やもう、説明不要な程有名になってしまった海外ドラマ「24」。

その新シリーズ(Season7)とSeason6を繋ぐ、スペシャルドラマ「24 リデンプション」。

正直言って、Season6ともなると展開も読めてきて、もうそろそろ終わりにしたら(・汗←これでもキーファーファン)…なんて思っていましたが。

「24」復活!!
制作陣が、今回の「24」に掛ける意気込みを端々に感じました。

まず、キャストが豪華。
ジョン・ヴォイトは事前情報で知っていたけれど、ロバート・カーライルが出てきた時にはビックラしました。(苦笑)

後は、同じFOX(TV)だから「アリー・myラブ」のギル・ベローズとか、どっかで見た事があるな~と思っていたら、海外ドラマ「ニキータ」の出演者だったりとか(この「ニキータ」と「24」の制作スタッフはほぼ同じ。プロデューサーのジョエル・サーナウも共同制作者のロバート・コクランもそう。知ってる人は知ってるトリビア)。

また、舞台をアメリカからアフリカに移し、より世界観が広がった事。

地域(国?)紛争を絡ませて描いているので、ところどころレオナルド・ディカプリオ出演映画「ブラッド・ダイヤモンド」や、「ホテル・ルワンダ」を思い出すようなシーンもありました。

そして、今までと違うのが…

ジャック@キーファー、逃げ腰です。(苦笑)

過去(シーズン)でも薬に逃げたりしましたが、何ていうか今回はもう、「どうせ俺の人生は終わってるサ」的な雰囲気を醸し出している事。
もちろんやる(戦う)時はやるんですが、「もう良いよ」と言われたらそのまま行ってしまうという、その逃げの姿勢ジャック@キーファーが可愛い新鮮でした。(苦笑)

でもやっぱり一人で背負うんだよなぁ…。(涙)

DVDには、Season7 第1話のダイジェストとして最初の15分くらい?が特典として収録されていたのですが、初っ端から投げやりです。(苦笑)

※ここからはネタバレです。未見の方はご注意下さい。
ただ、やっぱりSeason7で実はトニーが生きてましたという設定はどうかな…と思いました。
設定に無理は無いようにしてあるけれど、あそこで死んじゃったからこそ感動したシーンは一体何だったの?!と視聴者は思うわけですよ。←視聴者

そりゃ、国の為に尽くしたのに、妻も命(奪われてないけど)も全て失って国への復讐心に燃えるというのも分からなくは無いけれど、それだったら妻も弟も父親も失い、しまいには中国に拉致られ娘とも疎遠(涙)、恋人とも別れたジャック@キーファーはとっくに反旗を翻しててもおかしくないはず。

っていうか、ジャック@キーファーが敵になったらアメリカはどうなっちゃうんでしょうか。
多分、最強のテロリストになるでしょう。(想像しただけで怖っ)

Season7での悪役として当初から出演が決まっていたジョン・ヴォイトですが、「24 リデンプション」だけでなく、やっぱりSeason7にも出演するようです。

悪役がしぶとい面白いと「24」のシーズンは面白くなるので期待大です。

シーズン毎に(架空の)アメリカ大統領が登場しますが、Season7ではいよいよ女性大統領の登場です。

既に多くの方がその関連性について書いていますが、今回アメリカで初めてアフリカ系大統領が就任したきっかけには、少なからずとも「24」の影響があったと私も思っています。

現実より早くアフリカ系大統領を登場させた「24」は直ぐに爆発的ヒットとなり、(アメリカ)国民の多くが見るドラマになりました。
そんな国民的番組で、架空とは言えTVドラマを通してアフリカ系大統領を見てきた人達にとって、きっとオバマ大統領の姿はそれほど違和感無く受け入れられたのではないかと思いました。

アメリカという国の、未来を見据えた脚本家達が女性の大統領を誕生させたという事は、現実になる日も遠くないかもしれません。

日本での「24」Season7レンタル開始は7月3日。
今から楽しみです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/274-74964d14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。