上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.03 The Dark Kinght
レゴ バットマン

アメコミ原作バットマンの実写版映画最新作、「ダークナイト」のジャパン プレミアに行ってきました。

私が見た今年公開された映画の中では、今のところ

一番の最高傑作!

時間の関係でエンドロール途中で帰ってきてしまったのですが、エンドロールを見にもう一度見に行きたいくらいです。
もちろん本編も見たいからですが(笑)、冗談抜きに、エンドロールだけ見に行っても良いとさえ思います。

「ヒース・レジャーに捧ぐ」の文字を見に…。

会場では、本編終了後に拍手、ヒース・レジャー(以下HL)のクレジットが出てきた時に拍手が起こっていたのですが(その時点までは席にいたので、実際私も拍手しました)、同じく参加された方のブログを読むと、ヒースへの追悼文が出てきた時にも拍手が起こったようです。


前作「バットマン ビギンズ」は過去のバットマンシリーズとは違い、原作がアメコミながらアメコミっぽくない(苦笑)、リアルな登場人物の表現で、いわゆる大人向けのアメコミ作品に仕上がっていて、今までのバットマンシリーズが…だった私にとって、初めてバットマン カッコイイ!と思えた作品でもあり、面白いと思った映画だったので、同じ制作者、出演者の続編という事で期待はしていました。

続編制作が始まり、最初にHL@ジョーカーのスチールを見た時…正直に言うと、、、。
吹き出しました。(ヒースファンの皆さん、すみません!・汗)

ジャック・ニコルソン演じたジョーカーの派手メイク(汗)より抑えた感じではあったものの、崩れたメイクに「ど、どうしちゃったの~(汗)」と続編がちょっと心配になった事を覚えています。

その後HLが急死し、公開される前から映画の内容とは違う意味で話題になっていましたが、初めて予告でHL演じるジョーカーを見た時、彼の演技に鳥肌が立ちました。

これまでにもHLの出演作を見た事はありますが、特に気になる俳優というわけでも無かったし、私の中では特出しているという印象も無かったので(ヒースファンの皆さん、本当にすみません。でも「カサノバ」も「悪霊喰い」も私には…だったので・汗)、彼が亡くなった後でも正直HLが演じたジョーカーに思い入れは無かったのですが、あの予告での彼の演技を見て、考えが変わりました。

これ程才能のある俳優を亡くしてしまったのか、と。

実際、映画全編を通して彼の演技を見て、ますますその思いは強くなりました。
それほどに彼の演技は特出していたし、見る者を圧倒する演技でした。
本編終了後、自然と彼に対して拍手を送りたくなりました。同じ会場で一緒に見ていた方達もきっとそうだったんだろうと思います。

この「ダークナイト」は、彼、ヒース・レジャーが最後まで演じきった最後の作品です。

アメコミ好きな人も苦手な人も、実写版が好きな人もそうでない人も、バットマンシリーズが好きな人も嫌いな人も、洋画(字幕)が好きな人もそうでな人も、男性も女性も。

映画が好きであれば、これは絶対に見て欲しい。そして、

ヒース・レジャーの遺作を、

目に焼き付けてきて下さい。


写真は、プレミアでバットポッドが撮れなかったので(涙)、家のレゴ@バットモービルとバットマン。

続きはプレミアレポなど。
レッドカーペットの壇上には、劇中で登場するバッドポッドとジョーカー、バットマンの衣装が飾られていたのですが、「スピード・レーサー」プレミアの時のように誰でも近くに寄って見るという事が出来ませんでした。(涙)

カーペットでは写真OK(日本人ゲストはNG。最初から撮る気は無いですけど)だったのですが、観覧出来ても壇上まで遠くて撮れないし、そもそも持っていったデジカメのバッテリーが電源入れた途端真っ赤!(Q_Q)↓
キャストの写真1枚も撮れませんでした…。orz

このデジカメ、買ってからロクに活躍出来て無いんですけど(もっぱらブログ用・汗)、JM来日しなかった呪い?(違)

実は、映画「ザ・コア」の頃から密かに注目してた(苦笑)アーロン・エッカートを間近で見たくて行ったレッドカーペットだったのですが…見えたのは
後頭部のみ(Q_Q)↓ガビーン

レッドカーペット、プレミア共に舞台挨拶した壇上が遠くて顔の表情も分からなかったので、かなりショックでした。後頭部。。。(涙)

映画は、事前に試写会で見た方の感想や、海外での興行収入記録、Rotten Tomatoesのトマト メーターでの評価から、かなり期待していましたが、上映時間が2時間半だと聞いて、私は面白くないと(経過)時間が気になるタイプなので、最後までだれる事無く見る事が出来るかとちょっと不安が過ぎりましたが…

ジョーカー登場で全て吹っ飛びました。

※ここからネタバレが入りますので、未見の方はご注意下さい。

ジョーカーの「HA-HA-HA HI HA」とかいう笑い方が可笑しくて、笑ったりしたら不謹慎かな、と思ったのですが、HL演じるジョーカーを見ての素直な感想だし、彼もきっと単純に映画を楽しんで欲しいと思っているんじゃないかと、そんな気がしたので、面白いシーンではしっかり(?)笑わせて頂きました。

だって、ナースのコスプレは反則でしょ!(笑)あれは怖いっていうより可笑しいよ~

劇中ずっと気になってた事があるんですが、バットマンの時の声って、前作でもカムフラージュ(機械が何かで声を変えてる)してましたっけ?
前作を見たのが随分前なので記憶が定かじゃ無いんですけど、声は変えて無かったような気がするんですけど…。

今回は、素顔のクリスチャン・ベール@ブルース・ウェインの出番が少なかったですね。
また前作同様、バットモービルからミサイル?を発射する時の体勢に笑ってしまいました。すごい格好で潜り込んでませんか?(笑)

アーロン・エッカート@ハービー・デントは、ヒース演じたジョーカーの影に隠れちゃうんじゃないかと思ってたんですが、しっかりと存在感を示してくれました。

彼もまた、過去のバットマンシリーズではあまり分からなかった(汗)トゥー・フェイスとしての苦悩や葛藤などを顔半分(後はCG?メイク?)で表現していたと思います。

そしてこの映画での主役は、やっぱりHL演じたジョーカーだったと思います。
もちろん主役はバットマンなのですが、ジョーカーがあまりに鮮烈で、見終わった後、強烈に印象に残ったのはジョーカーでした。

誰かと比べるのはあまり良い事では無いですが(汗)、過去に同役を演じたジャック・ニコルソンよりリアルで怖く、残忍さと邪悪さ、ある意味純粋(損得やお金などに捕らわれず、単純に悪を楽しんでいるという意味で)な一面など、圧倒的な演技力で表現していたと思います。

声も普段のHLの声では無く、高音、低音、ジョーカー独特の喋り方など、細部に亘って完璧に役に成りきっていました。彼をオスカーに!というのも頷ける、迫真の演技でした。

内容は、どの映画感想でも概ね書かれている通り、全編通して本当にダークなのですが、逆にそれが、ほんの僅かな希望を際立たせていると感じました。

この作品はアメコミ原作ながら、子供も楽しめるという娯楽作品とは一線を画した、前作よりさらに大人向けの映画と言えると思います。PG-15でも良いくらい。

冷泉 彰彦さんという方の「ダークナイト」に関するエッセイ(感想)を読んで、納得する事が多々あったので、参考?にリンクを貼っておきます。
HLがジョーカーを演じるにあたって何をしたか、なども書かれています。

ジョーカーなるものとの戦い

アクションシーンもなるべくCGを使わず、という監督の意向から、トレイラーひっくり返り、病院爆破は全て実際にやったそうです。
それだけにすごい迫力でした。

出演者それぞれの演技も素晴らしく、アクション、ストーリー共に最高の映画になっていると思います。全米の興行収入を更新しているのも納得の映画です。

私は執事のアルフレッドが好きなのですが、レイチェルの手紙を燃やすシーンに涙。
これこそ本物の執事です。いつ、いかなる時でも全てはご主人様(ブルース・ウェイン)の為なのです。
例え真実を葬りさってでも…。


「ダークナイト」は「バットマン ビギンズ」の続編でありながら、映画タイトルに「バットマン」が付いていないのが不思議だったのですが、映画を見て納得しました。
バットマンの映画でありながら、バットマンだけの映画じゃ無い(何かヘン?(汗))。

アメコミ原作という枠に囚われずに見て欲しかったんじゃないかな、と思いました。

Rest In Peace... Heath Ledger.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kaleidoscopeworld.blog13.fc2.com/tb.php/114-9911cbc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。