上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.28 50/50
東京独女スタイルさんの招待で、12月1日(木)公開、ジョセフ・ゴードン=レヴィット出演映画、「50/50 フィフティ・フィフティ」を見に行って来ました。

全米での評判がかなり良いので、期待してました。

期待通り!ですが、意外とそうでなかったような気も?(汗)

何らかの病気で病院通いをしている人なら分かると思うのですが、脚本家が実体験を元に書いただけあって、主人公の感情などがリアルです。

癌という重いテーマを扱いながら、笑いあり、涙ありで凄くよく出来た脚本、演出、演技で、見終わった後、今日1日を大切に生きなければ、という気持ちになりましたが、私の場合、既にその教訓を映画にもなった「RENT」で実感しているので、それほど新鮮味を感じなかった…というか、既にそれ、身に沁みてるし、みたいな。(苦笑)

いや、でも主役のジョセフ・ゴードン=レヴィットは良かったです!

「インセプション」とも、「(500)日のサマー」とも違う顔でした。

アンジェリカ・ヒューストンも久々に見ましたけど、良かったです。
スポンサーサイト
シーズン1の放送が終わってから、続きが見たくて仕方なかった米国TVドラマ「ウォーキング・デッド」。

本国でのシーズン2 プレミア放送が10月16日に行われ、見た人の感想が著しく良かったこの作品を、日本でこんなに早く見る事が出来るとは。

この作品のファンの方は既にご存知かと思いますが、なんと!

「ウォーキング・デッド」シーズン2(日本語字幕版)、11月5日(土)23時 FOX TVにて放送開始!!

The Walking Dead
(c)TWD productions LLC Courtesy of AMC

本国での放送からわずか2週間後ですよ?

字幕間に合うの?(汗)という心配を抱きつつ、一足お先に第1話を見てきました。テヘ★

期待が大きすぎると、ダメだった場合の落ち込み度が激しくなるのですが、この作品は期待の大きさ以上に…

素晴らしかったです!!

※「ウォーキング・デッド」をご存知の無い方に、簡単にご説明。

原作はベストセラーのアメコミ「The Walking Dead」。監督は「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン。
ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカで、昏睡から目覚めた保安官リックの視点で物語が始まる。


シーズン1のゾンビのクオリティの高さ(ドラマなのに!)に感嘆していたのですが、シーズン2でもそのクオリティは健在でした。
それもそのはず。今年度の第63回エミー賞で、メイアクアップ賞を受賞!

映画「処刑人」に出演している俳優のノーマン・リーダスも相変わらず出てきて嬉しかったです。(ま、Twitterで撮影状況を画像入りで呟いているので、出ているのは知っていましたが・笑)
... read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。