上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開日までにプレミア レポ、映画感想を書き上げたかったのですが、間に合いませんでした。(汗)

公開初日(今日5月29日)には見に行かれないので、とりあえず買ってきました、パンフレット。

Star Trek パンフレット

シンプルでカッコイイです!
これにサインを貰いたかったな…(今更)


全米では、「天使と悪魔」公開と同時に1位の座を明け渡してしまった「スター・トレック」ですが、Rotten Tomatoesでは、新鮮度が未だに95%!

公開中の「天使と悪魔」が37%という事を考えると、最終的な興行収入では追い抜くんじゃないかと予想しています。

確かに「天使と悪魔」も面白かったのですが、エンターテイメント性で考えると、大人も子供も楽しめるのは、やっぱり「スター・トレック」だと思います。
しかも、マニアで無くても何度も見たくなるというスルメ映画。(笑)

きっとトレッキーなら、何度も見て小ネタ探しを楽しむと思うんですが、「スター・トレック」初心者でも、見る度に新しい発見があったりして、楽しめる映画だと思います。

実際私も既に2回見ているのですが(苦笑)、また見に行こうと思っています。




「スター・トレック」ジャパン プレミアから早2週間以上経ってしまい、記憶も大分あやふやになってきましたが(汗)、ザッカリー・クイントの次に来たのは、スールー役のジョン・チョウ。

当初の来場予定メンバーには入っていなかったので、会場で名前が呼ばれた時にはビックリしました。

来場者の殆どが初耳?だったようで、周りがサインをして貰う物を用意するなど慌てている中、私はたまたまキャスト数名の集合写真?を持っていて、そこにジョン・チョウが写っていたので、完璧☆(笑)と思いつつ、ザッカリー・クイント(以下ZQ)にもサインをして貰ったスチールに、サインをして頂きました。
... read more
スポンサーサイト
「スター・トレック」ジャパン プレミアのレポも途中なのに何ですが(汗)、行って来ました「ターミネーター 4」試写会。

この映画の主役は、マーカス@サム・ワーシントン。(キッパリ)

本来主役の(はず)ジョン・コナー@クリスチャン・ベール(以下CB)は、演技、存在感共に完全に食われてました。(汗)

事前に断っておきますが、私はCBが嫌いなわけではありません。

CBが初出演した「太陽の帝国」の頃から知っているし、公開時された当時映画館に見に行きました。(友人がその当時彼のファンだった)

その後暫く、学業に専念するとかで映画からは遠ざかっていましたが、成長した彼を見た時、ストイックな程役に入り込んでる、という印象を受け、俳優としても成長したんだな~と感慨深いものがありました。

ただ、ここ2、3年、主役でヒーローを演じる映画が多く、見て思ったのは…

CBは、脇役の方が存在感がある(増す)。(汗)

どこかの映画評論サイトにも書かれていましたが、
彼が主演してる(はずの)映画は、脇役に持っていかれる。(汗)

昨年公開されたCB出演「ダークナイト」も、例えヒース・レジャーの死が無かったとしても、あれは完全にヒース・レジャーの「ダークナイト」だったし、今回もサム・ワーシントン(以下SW)の「ターミネーター 4」だと思いました。

CBは個性的な役を演じさせたら凄いと思うのですが、どうもこう、ヒーロー(役)にはあまり向いていないというか、ヒーローを演じると普通になり過ぎちゃって、逆に脇に負けちゃう気が、、、。(汗)

今回の映画も見終わって感じたのは、「ターミネーター 4」はマーカス・ライト@SWの物語であり、きっと監督もマーカスを主役に(この映画を)撮ったんだろうな、という事。

もし監督が言っていたと言われている事が本当だったら、俳優CBとしての見方が変わっちゃうな…(独り言)
... read more
クリス・パイン(以下CP)の次に私の元(?)へやって来たのは、スポック@ザッカリー・クイント。(以下ZQ)

彼もCP同様、丁寧にサインをしている風でしたが、時々ファンの人と写真を撮ったりと、CPより手馴れた感じ。(苦笑)

それでも笑顔は少なく、やっぱりまだこういうイベント(大勢のファンに囲まれる事)には慣れてないんだろうな~というのが感じて取れました。(それはCPにも感じました)

映画の撮影で仲が良くなったのか、「スター・トレック」関連のイベントには必ず?連れ立っている二人。(主役の二人だし)

やる事も似ているようで、
自分が映っているか確認しないでサインするZQ。(苦笑)

いや、もちろんZQも映っているポートレートだったので良いんですが、自分の足しか見えてなかったのに分かったのかな…(でもサインした場所は自分の足だしな・苦笑)

CPの時同様、サインして欲しいと思っていた写真を一番上にしていたのに、下のから書き始めるZQ。二人共下しか見てないの?(苦笑)

その後、やっぱり上にしていた写真に気づいて(苦笑)、名前、コメントを付けてサインして頂きました。
... read more
まだまだ続く、「スター・トレック」ジャパン プレミア レポ。

いよいよ(やっと?)クリス・パイン編でございます。


映画出演者が来場するようなプレミアには、運良く何回か行った事があるのですが、今回のプレミアは今まで行ったプレミアでは感じた事の無い、穏やかな雰囲気で行われていました。

イベントが始まる前も、遅れているにも関わらず会場全体にまったりとした空気が流れていたのですが、始まって何か違う…と思ったら、キャストがファンの近くに来ても、あまり歓声が起こらない。(TOSHIとHEATH以外・汗)

映画のイベントには、映画ファンはもちろん、来場するキャスト、監督らのファンが参加しているので、ゲストがファンに近づいてくると悲鳴(?)や歓声が起こるのが常なのですが、皆さん、全体的に落ち着いて(るように見え)ました。

来日したメンバーには、映画ファンなら大抵知っているエリック・バナや小規模映画(笑)「ロード・オブ・ザ・リング」に出演したカール・アーバン、海外ドラマファンであれば知っているサイラーザッカリー・クイントも来ていたので、日本での知名度が低い人ばっかりだから(汗)…という理由では無いと思うのですが(確かに低い人もいますけど…クリス・パインとか・涙)、イベントエリアにいた人数が少なかったから?

予想以上に静かだったので、最初にファンのところへやってきたクリス・パインも、自分で目視出来るまで何処にいるか分かりませんでした。(苦笑)

イベントが始まる前までは、ゲスト全員(6名)が一度に(ファンのところへ)来たらどうしよう…なんていらぬ心配をしていましたが、カーペットが両サイドに設けられていて、キャストは二手に分かれて片側が終わったら逆側へ、という進行だったようで、一人ずつ来てくれたのが嬉しかったです。

そのお蔭か、混雑、混乱する事無くイベントが終了したのは、やっぱり運営方法が良かったんだな…と実感。
FOX JAPAN(映画)様、見習って下さい。(本気で)


一番の目当てだったクリス・パイン(以下CP)が、私のいたエリアに最初に来る!と知った時にはかなり緊張&不安になったりもしましたが、姿が見えた時にはそんな事は吹っ飛び(笑)、興奮状態。

本人は思っていたよりかなり背が高くて、カッコイイ!!

今回来日したメンバーは背の高い人が多いので、決して低くは無いJ.J.エイブラムスが小さく見えました。(汗)ジョン・チョウも高い方だと思うのですが、周りがエリック・バナやカール・アーバン、ザッカリー・クイント、クリス・パインだから…以下略。
... read more
イベントは当初19時から開始の予定でしたが、15分過ぎても始まる気配無し。(汗)

舞台挨拶、本編開始が20時からの予定だったので、このままいくとイベントが15分短縮…で、カーペットの前を素通りされた泣く!!(号泣)
しかし、遅れているにも関わらず全く焦る気配の無いスタッフ達…妙にまったりとした雰囲気でさらに待つ事15分。

結局30分遅れで始まりました、ジャパン プレミア イベント。(レッドカーペット イベント?)

会場には、キャスト達以外に(「スター・トレック」好きの?)日本人ゲストも来ていましたが、何故かチャン・ツィイーが来ていてビツクリ。実はトレッキー?(笑)
※トレッキー=「スター・トレック」の熱心なファンの総称

でも、本当にこのプレミアの為だけに来日したようです。アジアでのプレミアは日本だけだし、近いし?(え)


日本で行われる海外映画のプレミアに、日本の芸能人をゲストとして呼ぶのは他の国のプレミアでも同じような事をする(同国の俳優が来場したりする)ので、良いとは思うんです。

ただ、こういう映画のイベントでの主役は、あくまでその映画に出演したキャスト、携わった監督、プロデューサー、スタッフです。(もちろん映画そのものも)

しかも、わざわざこのプレミアの為に来日し、主役であるはずのキャスト、監督、プロデューサーより歓声のあがる日本人ゲストを呼ぶのは、彼らに対して失礼では?(汗)

事前に来場する告知があったようで、当然ファンは「スター・トレック」目当てでは無く、彼ら目当てで参加したようですが…

私はファンでは無いので、来場するまで(しても)分かりませんでしたが、X-JAPANのメンバー 二人(TOSHIとHEATH?)が登場した時は、キャスト達が登場した時以上の歓声。(絶叫)
イベントに参加した人の半分以上はX-JAPANファンだったんじゃ?(゚д゚

キャストにはそれぞれお付?スタッフが海外から一緒に来ていたのですが、皆さん引いてましたよ、、、。(汗)

そりゃ、日本ではまだあまり知られていないキャスト達かもしれないですけど(涙)、それでも呼ぶ人選(日本人ゲスト)はもうちょっと考えて欲しかったです。
... read more
私はオリジナルの「スター・トレック」シリーズを見た事がありません。

ただ、映画、TVドラマファンとして目にしたり、聞いた事のある一般的な知識として、「スター・トレック」が宇宙を舞台にしている事や、スポック、カーク船長、ピカード艦長(映画「X-MEN」シリーズのプロフェッサーを演じたパトリック・スチュワートが演じている事で有名)エンタープライズ号などは知っていました。

そんな私が何故、今回の映画「スター・トレック」に興味があったかと言うと、クリス・パインが主役を演じているという事が一番ですが(苦笑)、あちこちで監督のJ.J.エイブラムスが語っている、「この映画は旧シリーズの続きでは無く、全く異なるリ・イマジネーション作品である」という事を聞いて(見て)、「スター・トレック」を知らない私でも楽しめるんじゃないか、と思ったからです。


第一の任務(笑)は、映画「スター・トレック」で主役のジェームズ・T・カークを演じているクリス・パイン(以下CP)に会う事でしたが、映画を見るのも楽しみで行ってきました、「スター・トレック」ジャパン・ギャラクシー・プレミア。

試写会、舞台挨拶会場は新宿ミラノ1。
イベントは、その前にある新宿シネシティ広場にて行われました。

今思えば、新宿区の協力があったからこそ出来たイベントだったと思いますが、イベントには全く適していない広場(汗)中央に大きな建造物。

その周り(左右)にレッドカーペットが敷かれ、その外側にさらに柵が設けられ、イベント参加者以外は中へ入れないようになっていました。

外側には、左右各所にTVが配置され、中央の建造物内で行われる事が見られる様子。(イベント参加者は、自分達の後ろにTVがあったので見られませんでした・汗)

会場近くに行った時に、建造物の中でリハーサルを行っていたらしく、暗幕?の隙間からスモーク(煙)が上がっていたので、友人と「USSエンタープライズ(エンタープライズ号)を打ち上げてたりして」なんて言っていたら、イベント開始後に暗幕が取れて中から出てきた(笑)のは、

これ
「スター・トレック」ジャパン プレミア
(c)パラマウント ピクチャーズ ジャパン
※この写真は、クリス・パイン公式ファンブログ様より許可を得て掲載していますので、勝手に使用しないで下さい。

予想通りUSSエンタープライズ。こんなに大きいとは思わなかったけど。(苦笑)
... read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。